2014年02月06日

メタボリックシンドローム予防のための食事

食生活の改善こそが、メタボリックシンドローム予防のまずはじめにすることです。
また食事は寝る3時間前以降に摂らないようにすると、メタボリックシンドロームのために充分予防になるのです。
寝る3時間以内の飲み食いは中性脂肪を増やし、中性脂肪を代謝する機能は食べてすぐに眠るとうまく処理されません。
そうしてうまく処理できなかったエネルギーは血液中に残ってしまい、中性脂肪を増やす元になってしまいます。
そのうえ食べてすぐ寝ると脂肪が吸収されやすくなるため、脂肪はそのまま残留し、一段とメタボリックシンドロームに近づいてしまうのです。
そしてゆっくりと時間をかけてよく噛んで食べると、それもメタボリックシンドロームの予防につながるのです。
よくかむことで満腹中枢が刺激され、少し食べただけでも満足できるうえ、インスリンが正しく分泌するよになって肝臓への負担も軽くすることができるのです。


ファブリーズ、消臭剤 トイレ、芳香剤の紹介



posted by onakadaise at 22:50| 健康管理方法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする