2012年02月22日

多汗症のボトックス治療

多汗症をきちんと治療する場合は、汗が多量に出る部分を切開し、汗腺を完全に取り去る汗腺除去法が施されます。
体にメスを入れるということに抵抗のある人もいるでしょうし、またそれほど重症の多汗症ではないという人は、ボトックス治療がいいでしょう。
ボトックス注入法を行うと効果があるのは、手のひらの多汗症がある人、多汗症でもにおいはそれほどない人、そして季節によってはひどくないときもあるという人です。
アポクリン汗腺の作用を押さえ込むことは無理なので、ワキガ自体は治療できませんが、ボトックスによって汗の量はずいぶん抑えられます。
汗のにおいの元である、雑菌が繁殖することを防ぐことができるので、においも減らせるでしょう。


#title#



posted by onakadaise at 19:50| Comment(0) | 健康管理方法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。