2012年01月28日

ヒアルロン酸とコンドロイチンとは

健康増進効果や美容効果があるサプリメントに配合されている成分として聞くものに、コンドロイチンやヒアルロン酸があります。
ムコ多糖類であるコンドロイチンは、ヒアルロン酸と関連があるものです。
加熱されるとゲル化する性質を持つ食物繊維の仲間でもあります。
コンドロイチンは、フカヒレの主成分でヒアルロン酸から作られます。
コンドロイチンは動植物の体内に広く存在し、主として骨を覆う軟骨などに存在します。
軟骨以外には、骨、靭帯、角膜、脳、血管、皮膚など多くの組織にもコンドロイチンは存在しています。
ヒアルロン酸も身体の様々な部分で必要とされており、コンドロイチン同様あらゆる部分にあります。
ヒアルロン酸の濃度は体の部位によって異なり、特にへその緒、関節、目の硝子体、皮膚などに高い濃度で存在しています。
人の身体は加齢と共に保水力が失われ、ヒアルロン酸やコンドロイチンの量も減ってしまいます。


発毛シャンプーの上手な使い方について


青パパイア発酵食品の科学―野生の力と健康

青パパイア発酵食品の科学―野生の力と健康
価格:¥ 1,470










posted by onakadaise at 23:40| Comment(0) | 健康管理方法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。