2011年12月19日

メタボリック症候群の予防は食生活から

メタボリック症候群を予防または軽減することによって将来発生しうる生活習慣病のリスクを減らすためには、日頃からどのような点に気をつけるべきでしょう。
最初に取り組むべきことは、メタボリック症候群予防に役立つ食事に切り替えることです。
健康診断などでメタボリック症候群の兆候があるとされていても何の対策も取らなかったり、食事も変えずにいれば、ますます生活習慣病になりやすくなります。
食べ物をチェックすることは、メタボリック症候群の予防では避けて通れないものです。
食生活を改善するためには、一日に必要なカロリーを知らなくてはなりません。
過剰なカロリーは、使い切れないと脂肪となって体内に蓄積されてしまい、体重増加の源とにります。
メタボリック症候群予防にとダイエットに取り組む人もいますが、急激な食事制限は身体に悪影響なこともあります。


最近お邪魔しているサイトです。

ドクターJ の健康応援室

健康食品について

健康食を考える





posted by onakadaise at 14:50| Comment(0) | 健康管理方法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。