2011年11月23日

青汁三昧のケール

さまざまな青汁に使われ基本の材料となっている野菜、ケールは、青汁三昧にも三大原料の一つとして含まれています。
和名ではハゴロモカンランと呼ばれているアブラナ科の野菜で、キャベツの原種ともいわれています。
青汁三昧の原料であるケールは、江戸時代に地中海地方から初めて日本にやってきたもので、明治時代にいくつかの品種が導入されました。
ケールという野菜は、日頃あまりなじみがないものであるばかりか、普通に調理してもあまり美味しくありません。
このため、一般的な八百屋やスーパーマーケットでは取り扱っていません。
しかし、青汁三昧の原料の1つケールには、ビタミンAやビタミンCが豊富に含まれています。
また、ビタミン含有量が豊富な緑黄色野菜の一つでもあります。


最近お邪魔しているサイトです。

サプリメント コラーゲン

ドクターJ の健康応援室

サプリ





posted by onakadaise at 12:50| Comment(0) | 健康管理方法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。