2011年09月29日

メタボリックシンドローム予防の必要性

メタボリックシンドロームは病気につながる状態のことで、実際の病気ではないのです。
そしてこれといった体で感じる症状がない場合でも、メタボリックシンドロームと診断できる場合もあるのです。
自覚症状がないのがクセモノで、そのために予防が難しく、動脈硬化の症状が出るまで気づかないこともあります。
しかも動脈硬化の場合初期症状はほとんどなにもないのが普通で、体に何か変化を感じ始めたときは、すでに予防では間に合わず、病状がかなり進んでいる場合もよくあるのです。
メタボリックシンドロームが進んでからの改善は困難です。
病気を起こしてしまわないうち、そしてその前にメタボリックシンドロームになってしまう以前に予防措置をとっておかなければなりません。
まず自分の体の状態を調べておくことこそ、メタボリックシンドロームの予防として、最初にしなければならないことなのです。


最近お邪魔しているサイトです。

女性の健康 万歳

ドクターJ の健康応援室

女性健康





posted by onakadaise at 00:30| Comment(0) | 健康管理方法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。