2011年07月25日

ボトックスで治療できる多汗症とは

多汗症は交感神経の調子が悪くなることから汗を異常に多くかく症状で、たとえば手のひらや脇、頭などにその症状が出ます。
多汗症のボトックス治療は主に脇の下やてのひらに用います。
ボトックス治療の中で多汗症とワキガは混同されたりします。
多汗症は多量の汗が出る症状のことであり、汗が特有のにおいを発するワキガとは厳密には異なりますので、治療の方法も違ってきます。
昔に比べると、現代の食事は欧米化され、肉を食べる機会もぐっと増えていて、そのため体臭も強くなっているのです。
清潔志向によりにおいを気にする人も増えて来ているので、多汗症で体臭が気になってしまい、人との交流に積極的になれない人も少なからずいるようです。
多汗症は交感神経切除による形成手術やボトックスなどで治療することが可能です。


最近お邪魔しているサイトです。

女性の健康 万歳

ドクターJ の健康応援室

女性健康





posted by onakadaise at 09:50| Comment(0) | 健康管理方法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。