2014年03月21日

関節痛や神経痛にはコンドロイチン

コンドロイチン摂取のための方法として、サプリメントを利用するというやり方があります。
通信販売や薬局でコンドロイチンのサプリメントを購入することができ、おおよそ一瓶8000円ほどになります。
コンドロイチンはさまざまな痛み――関節痛、神経痛、五十肩、腰痛など――に効果があるとされています。
コンドロイチンは、骨と骨の間で緩衝材のような形で働くため、関節部をなめらかに動かすことで、関節痛のつらい痛みを緩和するのに効果があるとされます。
神経痛の場合、神経は電線のようなもので、電線がゴムで覆われているように、関節も膜のようなもので覆われていて、傷ついたこの膜のようなものを修復するのがコンドロイチンの働きなのです。


傘やレインコート



posted by onakadaise at 05:51| 健康管理方法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年03月14日

ボトックスで治療できる多汗症とは

多汗症は交感神経の調子が悪くなることから汗を異常に多くかく症状で、たとえば手のひらや脇、頭などにその症状が出ます。
多汗症のボトックス治療は主に脇の下やてのひらに用います。
ボトックス治療の中で多汗症とワキガは混同されたりします。
多汗症は多量の汗が出る症状のことであり、汗が特有のにおいを発するワキガとは厳密には異なりますので、治療の方法も違ってきます。
昔に比べると、現代の食事は欧米化され、肉を食べる機会もぐっと増えていて、そのため体臭も強くなっているのです。
清潔志向によりにおいを気にする人も増えて来ているので、多汗症で体臭が気になってしまい、人との交流に積極的になれない人も少なからずいるようです。
多汗症は交感神経切除による形成手術やボトックスなどで治療することが可能です。


マッサージ機

posted by onakadaise at 04:11| 健康管理方法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年03月07日

青汁三昧のゴーヤー

青汁三昧に含まれる三大原料の中には、ゴーヤーが入っています。
ゴーヤーは、最近ではスーパーなどの店頭でもよく見かけるようになりましたが、もともとは沖縄の野菜です。
青汁三昧に使われれているゴーヤーの味は苦く、そのため苦瓜とも呼ばれています。
沖縄においては、ゴーヤーの苦みは血圧を安定させ、血液をきれいにする成分を含んでいると言われていました。
ゴーヤーは、ビタミンCやカリウムといった成分を豊富に含むことから健康に良く、青汁三昧に適した野菜です。
青汁三昧のゴーヤーの果皮にはモモルデシンやチャランチンという成分が入っているために苦みを感じます。
血糖値やコレステロールが下がるという効果が、ゴーヤーの成分にあることが確認されています。


メガネ

posted by onakadaise at 02:31| 健康管理方法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする