2011年11月15日

メタボリック症候群の予防は食生活から

メタボリック症候群を予防または軽減することによって将来発生しうる生活習慣病のリスクを減らすためには、日頃からどのような点に気をつけるべきでしょう。
最初に取り組むべきことは、メタボリック症候群予防に役立つ食事に切り替えることです。
健康診断などでメタボリック症候群の兆候があるとされていても何の対策も取らなかったり、食事も変えずにいれば、ますます生活習慣病になりやすくなります。
食べ物をチェックすることは、メタボリック症候群の予防では避けて通れないものです。
食生活を改善するためには、一日に必要なカロリーを知らなくてはなりません。
過剰なカロリーは、使い切れないと脂肪となって体内に蓄積されてしまい、体重増加の源とにります。
メタボリック症候群予防にとダイエットに取り組む人もいますが、急激な食事制限は身体に悪影響なこともあります。


最近お邪魔しているサイトです。

ドクターJ の健康応援室

健康食品について

健康食を考える





posted by onakadaise at 00:50| Comment(0) | 健康管理方法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月13日

メタボリック症候群を予防する

この頃では、生活習慣病予防にメタボリック症候群という言葉が知られつつあります。
メタボリック症候群という単語は、最近ではごく普通に用いられるようになりました。
メタボリック症候群の予防効果があるというものは何でしょう。
メタボリック症候群という言葉に馴染みがなくても、メタボと言う言葉なら分かる人も多くなると思います。
メタボリック症候群を短く呼ぶ時に、メタボという言い方をします。
けれども、どういった状態のことをメタボリック症候群というのかという点については、曖昧にしかわからないという人もいます。
中には、腹に肉がついていればみんなメタボリック症候群だという言い方をされる場合もあります。
ですが、そのような見方はメタボリック症候群の一面でしかありません。
メタボリック症候群とは内臓脂肪型肥満によって生活習慣病とされる様々な病気を発症しやくなっている状態であることを指す言葉です。

最近お邪魔しているサイトです。

ドクターJ の健康応援室

健康食品 比較

健康食品 ランキング



posted by onakadaise at 20:30| Comment(0) | 健康管理方法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月12日

抜け毛の基礎知識

洗髪をしたときに、排水溝に溜まった抜け毛にハッとしたことがあるかもしれません。
自然脱毛による抜け毛の場合は、健康な髪が、発生期・成長期・休止期・退化期というヘアケアサイクルによって起きる自然の抜け毛ことをいいます。
1日の抜け毛が100本程度迄は、一般的に自然の抜け毛であると言えるでしょう。
ですがこれもそれほど気にすることではないのです。
けれど夏の紫外線や、夏バテによる食生活の乱れなどが抜け毛を引き起こすことがあります。
そういった意味では抜け毛に対する注意はしておくことが大切です。
抜け毛が異常脱毛によっておこっている場合は、ヘアサイクルが狂い、退化期になる前に毛が抜けてしまうようです。


最近お邪魔しているサイトです。

ヒアルロン酸

健康食品情報

ドクターJ の健康応援室



posted by onakadaise at 20:00| Comment(0) | 健康管理方法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月08日

ダニが発生する原因

かびもダニのえさになるため、カビを作らないようにすることも大切です。
掃除ができていなかったり、部屋の換気も悪かったり、それから畳の上にカーペットなどを重ね敷きしていたりすると、ダニにとっては大変住み心地いい場所ができてしまい、大量発生してしまうのです。
加湿器を常に使っていて部屋の湿度が高かったり、ダニのえさになりそうな食べ物が落ちていたり、また動物を室内で飼っていたりしても、ダニが発生するする確率が高くなってしまいます。
部屋をいつもきれいにしておかないと、ダニの中でホコリや人の垢、フケなどをえさにするものが発生してしまいます。
夏にダニの住処となりやすい押入れの中の布団が、冬場使われてきれいにされないままだとすると、ダニはさらに大量に繁殖して、大量のフンや死骸を残してアレルギーの元を作ってしまうのです。
そのため、冬の布団をしまうときは、よく干してホコリを落としたり掃除機をかけてからにするべきです。


最近お邪魔しているサイトです。

ドクターJ の健康応援室

健康食品について

健康食を考える



posted by onakadaise at 08:20| Comment(0) | 健康管理方法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月07日

多汗症のボトックス治療

多汗症をきちんと治療する場合は、汗が多量に出る部分を切開し、汗腺を完全に取り去る汗腺除去法が施されます。
体にメスを入れるということに抵抗のある人もいるでしょうし、またそれほど重症の多汗症ではないという人は、ボトックス治療がいいでしょう。
ボトックス注入法を行うと効果があるのは、手のひらの多汗症がある人、多汗症でもにおいはそれほどない人、そして季節によってはひどくないときもあるという人です。
アポクリン汗腺の作用を押さえ込むことは無理なので、ワキガ自体は治療できませんが、ボトックスによって汗の量はずいぶん抑えられます。
汗のにおいの元である、雑菌が繁殖することを防ぐことができるので、においも減らせるでしょう。


最近お邪魔しているサイトです。

ヒアルロン酸

健康食品情報

ドクターJ の健康応援室



posted by onakadaise at 09:00| Comment(0) | 健康管理方法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月06日

多汗症治療に使われるボトックスとは

ボトックスは多汗症の治療に使われますが、、FDA(米国食品医薬品局)にも承認された医薬品で、アメリカのアラガン社という製薬会社が販売しています。
今は多汗症の治療薬として使われているボトックスは、もともとは眼瞼痙攣や斜視を治すための薬でした。
ボトックスの有効成分として使われているのが、ボツリヌス菌が作る猛毒であるA型ボツリヌス菌です。
猛毒のボツリヌス菌といっても、使われるのはほんのわずかで、多汗症の治療では血液中に入れられるのではないので、心配はありません。
ボトックスが働くと、筋肉は一時的のその力をブロックされるのです。
筋肉の収縮を抑えるために、筋肉と神経のつながる部分に作用します。
多汗症の治療として使われているボトックスは、ほかにもしわの治療薬としても働いているのです。


最近お邪魔しているサイトです。

健康食品 通販

健康食品 比較

ドクターJ の健康応援室



posted by onakadaise at 08:10| Comment(0) | 健康管理方法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月05日

ボトックスで治療できる多汗症とは

多汗症は交感神経の調子が悪くなることから汗を異常に多くかく症状で、たとえば手のひらや脇、頭などにその症状が出ます。
多汗症のボトックス治療は主に脇の下やてのひらに用います。
ボトックス治療の中で多汗症とワキガは混同されたりします。
多汗症は多量の汗が出る症状のことであり、汗が特有のにおいを発するワキガとは厳密には異なりますので、治療の方法も違ってきます。
昔に比べると、現代の食事は欧米化され、肉を食べる機会もぐっと増えていて、そのため体臭も強くなっているのです。
清潔志向によりにおいを気にする人も増えて来ているので、多汗症で体臭が気になってしまい、人との交流に積極的になれない人も少なからずいるようです。
多汗症は交感神経切除による形成手術やボトックスなどで治療することが可能です。


最近お邪魔しているサイトです。

ドクターJ の健康応援室

健康食品 比較

健康食品 ランキング



posted by onakadaise at 08:10| Comment(0) | 健康管理方法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月03日

メタボリックシンドローム予防のための食事

食生活の改善こそが、メタボリックシンドローム予防のまずはじめにすることです。
また食事は寝る3時間前以降に摂らないようにすると、メタボリックシンドロームのために充分予防になるのです。
寝る3時間以内の飲み食いは中性脂肪を増やし、中性脂肪を代謝する機能は食べてすぐに眠るとうまく処理されません。
そうしてうまく処理できなかったエネルギーは血液中に残ってしまい、中性脂肪を増やす元になってしまいます。
そのうえ食べてすぐ寝ると脂肪が吸収されやすくなるため、脂肪はそのまま残留し、一段とメタボリックシンドロームに近づいてしまうのです。
そしてゆっくりと時間をかけてよく噛んで食べると、それもメタボリックシンドロームの予防につながるのです。
よくかむことで満腹中枢が刺激され、少し食べただけでも満足できるうえ、インスリンが正しく分泌するよになって肝臓への負担も軽くすることができるのです。


最近お邪魔しているサイトです。

サプリメント コラーゲン

ドクターJ の健康応援室

サプリ



posted by onakadaise at 23:10| Comment(0) | 健康管理方法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月02日

メタボリックシンドローム予防の必要性

メタボリックシンドロームは病気につながる状態のことで、実際の病気ではないのです。
そしてこれといった体で感じる症状がない場合でも、メタボリックシンドロームと診断できる場合もあるのです。
自覚症状がないのがクセモノで、そのために予防が難しく、動脈硬化の症状が出るまで気づかないこともあります。
しかも動脈硬化の場合初期症状はほとんどなにもないのが普通で、体に何か変化を感じ始めたときは、すでに予防では間に合わず、病状がかなり進んでいる場合もよくあるのです。
メタボリックシンドロームが進んでからの改善は困難です。
病気を起こしてしまわないうち、そしてその前にメタボリックシンドロームになってしまう以前に予防措置をとっておかなければなりません。
まず自分の体の状態を調べておくことこそ、メタボリックシンドロームの予防として、最初にしなければならないことなのです。


最近お邪魔しているサイトです。

女性の健康 万歳

ドクターJ の健康応援室

女性健康



posted by onakadaise at 20:50| Comment(0) | 健康管理方法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月01日

メタボリックシンドローム

メタボリックシンドロームとは内蔵に脂肪が蓄積するなどで肥満症や高血圧、糖尿病、高脂血症などの生活習慣病が起こりやすくなっている状態のことを指します。
重なって発生しやすいのがこれらの病気の特徴で、また病気が重なるにつれ、動脈硬化へとつながりやすくなっています。
がん、脳卒中、心臓病、これら3つの疾患が、日本人の三大死因といわれています。
その中の心臓病と脳卒中が入っている、いわゆる循環器病の元となるのが、この動脈硬化なのです。
そんな生活習慣病にならないようにするためには、まずメタボリックシンドロームこそを予防することです。
そのメタボリックシンドロームの基準には、2005年に日本肥満学会から発表されたもので、まず男性は腹囲85cm以上、女性は腹囲93cm以上という数値があげられました。
それに加え、血圧130/85mmHg以上、中性脂肪150mg/dL以上またはHDLc40mg/dL未満、血糖110mg/dL以上、という基準が含まれるのです。


最近お邪魔しているサイトです。

ドクターJ の健康応援室

健康食品について

健康食を考える



posted by onakadaise at 21:30| Comment(0) | 健康管理方法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする