2011年10月31日

メタボリック対策には食生活の改善を

メタボリックの対応策において、まずやってみるべきなのはどんなことでしょうか。
エネルギーがまず食事でどれくらい摂取できるかを知ることが大切ですどの程度の栄養素やカロリーが、どのような食品にあるかを理解しましょうどの食品を減らし、どんな栄養が含まれる食品を努めて摂るようにしなければならないのかということも大切です。
とにかく食生活について栄養の知識をつけて実行することです。
メタボリックシンドロームの対策として、普段の食生活で摂取するエネルギーを減らすため調理方法を考える事がポイントです。
脂を使った食事は1日1食に抑える、揚げ物の衣はなるべく薄くつける、肉類を食べるときは部位を考える、などといった食生活の改善対策をとってみましょう。


最近お邪魔しているサイトです。

サプリメント コラーゲン

ドクターJ の健康応援室

サプリ





posted by onakadaise at 17:10| Comment(0) | 健康管理方法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月30日

健康サロンでの頭皮クレンジング

頭皮のクレンジングをしたい時は、美容院やサロンに行くという方法もあります。
頭皮の手入れは注目されているので、エステやサロン、美容院なども対応しているのです。
専門的な知識のある人によって的確な頭皮マッサージやクレンジングをしてもらえることで、施術効果がより高まります。
それだけでなく、自分の髪質や頭皮の特質を知り、自分に合った頭皮ケアを知ることができます。
自宅では無理なケアや診断を美容院などでしてもらうことにより、家での手入れでも頭皮をいい状態に保てるようになります。
髪のケアは長く継続して続けることが大事ですが、間違った頭皮クレンジングをいくら続けても結果が出ないばかりか、悪影響に繋がりかねません。
マイクロスコープで毛根を拡大して、状態を見ながらのケアを任せられる点が健康サロンのいいところです。


最近お邪魔しているサイトです。

健康食品 通販

健康食品 比較

ドクターJ の健康応援室



posted by onakadaise at 15:10| Comment(0) | 健康管理方法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月28日

ヒアルロン酸とコンドロイチン配合のサプリメント

コンドロイチンやヒアルロン酸のサプリメントはたくさん出ていますが、どんな状態にある人のためのでしょう。
まず、関節の痛みやひざの曲げ伸ばしが困難な状態の人のためのものです。
サプリメントの中には、ヒアルロンとコンドロイチンの加えてコラーゲンを含むものがあります。
痛みを感じるようになった身体の節々に保水力を取り戻すためのものです。
ヒアルロン酸とコンドロイチンを含む健康食品には、グルコサミンも共に配合されているサプリメントもたくさんあります。
元々体内にある物質で、カニやエビといった甲殻類のキチン質の殻にも多く存在している物質です。
これらの錠剤型のサプリメントが一般的で、一日の摂取量は錠剤の数で決まっています。


最近お邪魔しているサイトです。

ドクターJ の健康応援室

健康食品 比較

健康食品 ランキング



posted by onakadaise at 00:30| Comment(0) | 健康管理方法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月26日

ヒアルロン酸とコンドロイチンとは

健康増進効果や美容効果があるサプリメントに配合されている成分として聞くものに、コンドロイチンやヒアルロン酸があります。
ムコ多糖類であるコンドロイチンは、ヒアルロン酸と関連があるものです。
加熱されるとゲル化する性質を持つ食物繊維の仲間でもあります。
コンドロイチンは、フカヒレの主成分でヒアルロン酸から作られます。
コンドロイチンは動植物の体内に広く存在し、主として骨を覆う軟骨などに存在します。
軟骨以外には、骨、靭帯、角膜、脳、血管、皮膚など多くの組織にもコンドロイチンは存在しています。
ヒアルロン酸も身体の様々な部分で必要とされており、コンドロイチン同様あらゆる部分にあります。
ヒアルロン酸の濃度は体の部位によって異なり、特にへその緒、関節、目の硝子体、皮膚などに高い濃度で存在しています。
人の身体は加齢と共に保水力が失われ、ヒアルロン酸やコンドロイチンの量も減ってしまいます。


最近お邪魔しているサイトです。

ヒアルロン酸

健康食品情報

ドクターJ の健康応援室



posted by onakadaise at 20:10| Comment(0) | 健康管理方法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月25日

豊胸サプリメントを飲む時の注意事項

豊胸サプリメントを摂取する際には大切な注意事項があります。
共通して豊胸サプリメントに使われている成分が、イソフラボンです。
このイソフラボンの取りすぎは体によくない効果がある可能性があり、特に子宮によくありません。
豊胸サプリメントには、女性ホルモンの働きを助けるイソフラボンは欠かせません。
大量に飲み続けることは、人体によくない効果があることもあります。
実際に動物実験では、卵巣や精巣といった生殖器官に有害な作用があることが報告されています。
和食には豆腐や味噌といった大豆由来の食品が欠かせませんが、これらにはイソフラボンが多く含まれています。
和食は大豆をそのまま使うだけでなく、納豆や豆腐のような大豆加工品が多いことが関係していると言われます。
イソフラボンには、日常で摂られている成分なので、豊胸サプリメントとして別に摂るときには余分に摂取している事に注意します。


最近お邪魔しているサイトです。

ドクターJ の健康応援室

健康食品について

健康食を考える



posted by onakadaise at 20:20| Comment(0) | 健康管理方法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月23日

豊胸サプリメントの人気

バストアップのために豊胸サプリメントを使う女性は多いようです。
そんな豊かな胸になりたいという女性のニーズに答え、女性雑誌やインターネットのホームページで、胸を大きくするためのいろいろな方法を、目にすることが多くなりました。
豊胸手術で確実にバストアップをはかる人や、豊胸サプリメント、矯正ブラジャーを利用する人もいるようです。
胸を大きくする、大きく見せる方法を述べているものはたくさんあります。
豊胸用サプリメントは、昨今種類も増え、豊胸手術やエステでのバストアップ術などに比べればずっと安価です。
始めやすく手軽なため、多くの女性がサプリメントを求めています。
少し前まで、サプリメントに関しては調べるのが難しく、不明点も多めでした。


最近お邪魔しているサイトです。

サプリメント コラーゲン

ドクターJ の健康応援室

サプリ



posted by onakadaise at 14:20| Comment(0) | 健康管理方法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月22日

青汁三昧のゴーヤー

青汁三昧に含まれる三大原料の中には、ゴーヤーが入っています。
ゴーヤーは、最近ではスーパーなどの店頭でもよく見かけるようになりましたが、もともとは沖縄の野菜です。
青汁三昧に使われれているゴーヤーの味は苦く、そのため苦瓜とも呼ばれています。
沖縄においては、ゴーヤーの苦みは血圧を安定させ、血液をきれいにする成分を含んでいると言われていました。
ゴーヤーは、ビタミンCやカリウムといった成分を豊富に含むことから健康に良く、青汁三昧に適した野菜です。
青汁三昧のゴーヤーの果皮にはモモルデシンやチャランチンという成分が入っているために苦みを感じます。
血糖値やコレステロールが下がるという効果が、ゴーヤーの成分にあることが確認されています。


最近お邪魔しているサイトです。

ドクターJ の健康応援室

健康食品 比較

健康食品 ランキング



posted by onakadaise at 09:20| Comment(0) | 健康管理方法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月20日

青汁三昧の大麦若葉

青汁三昧に含まれる三大原料の一つに大麦若葉があります。
これは、字義通り大麦の若葉であって、20〜30センチまで成長した時点で刈り取った上で青汁三昧に加工されます。
大麦若葉を原料として青汁を作ることで、味がよく飲みやすい青汁ができることが知られています。
大麦若葉を使うことで青汁三昧の飲みやすい青汁ができあがります。
成長の盛りに収穫されることから、大麦若葉にはビタミンやミネラルといったさまざまな栄養素が、他の緑黄色野菜に比べてバランスよく含まれています。
大麦若葉とホウレン草とを比較すると、ビタミンCで約33倍、カロチンで約7倍の含有量の差がありますので、かなりなものと言えます。
その他にも大麦若葉には、ポリフェノールや食物繊維も豊富に含まれています。


最近お邪魔しているサイトです。

ヒアルロン酸

健康食品情報

ドクターJ の健康応援室



posted by onakadaise at 23:20| Comment(0) | 健康管理方法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月19日

青汁三昧のケール

さまざまな青汁に使われ基本の材料となっている野菜、ケールは、青汁三昧にも三大原料の一つとして含まれています。
和名ではハゴロモカンランと呼ばれているアブラナ科の野菜で、キャベツの原種ともいわれています。
青汁三昧の原料であるケールは、江戸時代に地中海地方から初めて日本にやってきたもので、明治時代にいくつかの品種が導入されました。
ケールという野菜は、日頃あまりなじみがないものであるばかりか、普通に調理してもあまり美味しくありません。
このため、一般的な八百屋やスーパーマーケットでは取り扱っていません。
しかし、青汁三昧の原料の1つケールには、ビタミンAやビタミンCが豊富に含まれています。
また、ビタミン含有量が豊富な緑黄色野菜の一つでもあります。


最近お邪魔しているサイトです。

女性の健康 万歳

ドクターJ の健康応援室

女性健康



posted by onakadaise at 20:50| Comment(0) | 健康管理方法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月18日

コンドロイチンのサプリメントが注目されている理由

コンドロイチンのサプリメントはたくさん販売されており、コンドロイチンに対する注目度、関心度は非常に高まっています。
コンドロイチンのサプリメントに関心が集まるわけはどのようなものがあるのでしょうか。
日本は、少子化と高齢化が進んでおり、高齢者の数は増加する方向に向かっています。
骨折や関節症などを起こすことは、高齢者が寝たきり状態になってしまう原因の一つです。
骨折は歩行困難をもたらし、それがきっかけとなり介護が必要な状態にまでなってしまうのです。
骨折により出歩くことが困難になると認知症など症状が出てくる場合もあるのです。
サプリメントを使ってコンドロイチンを取り入れることで骨や関節を丈夫に保ち、高齢者が年齢を重ねても自分自身の足で元気に活動することができます。


最近お邪魔しているサイトです。

ドクターJ の健康応援室

健康食品について

健康食を考える



posted by onakadaise at 17:50| Comment(0) | 健康管理方法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする