2011年08月01日

日焼けと日焼け止めクリーム

日焼けとは紫外線を皮膚に浴びることにより、皮膚が赤く炎症を起こす症状のことをいいます。
日焼けの説明でもうひとつできるのが、皮膚表面にメラニン色素が沈着した状態ということです。
日焼けは普通、太陽から皮膚への紫外線照射、また紫外線人工灯などを使用した場合の皮膚への紫外線の過剰照射の結果として発生します。
皮膚が受けた紫外線が、メラニンの保護する力では及ばなかった場合に、日焼けしてしまいます。
このメラニンの保護能力の多さの問題により、肌が黒い人は白い人に比べて日焼けしにくいというわけです。
紫外線が、日焼けにつながるその根源なのです。
紫外線には3つ種類があり、長波長紫外線、中波長紫外線、短波長紫外線に分けられます。


最近お邪魔しているサイトです。

健康食品 通販

健康食品 比較

ドクターJ の健康応援室





posted by onakadaise at 15:00| Comment(0) | 健康管理方法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする