2011年07月05日

抜け毛の基礎知識

洗髪をしたときに、排水溝に溜まった抜け毛にハッとしたことがあるかもしれません。
自然脱毛による抜け毛の場合は、健康な髪が、発生期・成長期・休止期・退化期というヘアケアサイクルによって起きる自然の抜け毛ことをいいます。
1日の抜け毛が100本程度迄は、一般的に自然の抜け毛であると言えるでしょう。
ですがこれもそれほど気にすることではないのです。
けれど夏の紫外線や、夏バテによる食生活の乱れなどが抜け毛を引き起こすことがあります。
そういった意味では抜け毛に対する注意はしておくことが大切です。
抜け毛が異常脱毛によっておこっている場合は、ヘアサイクルが狂い、退化期になる前に毛が抜けてしまうようです。


最近お邪魔しているサイトです。

健康食品 通販

健康食品 比較

ドクターJ の健康応援室





posted by onakadaise at 12:20| Comment(0) | 健康管理方法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月04日

ダニ退治の掃除方法

床掃除の場合、ダニが住みにくいという点ではジュータンなどよりフローリングのほうが適していますが、その掃除はどのようにしているでしょうか。
よく先に掃除機をかけ、そのあとでワイパーなどでふき取ることがありますが、ダニを退治するためには、ワイパーは先に使ったほうがいいのです。
それは掃除機をかけたとき、ダニの死骸やほこりなどが掃除機の排気で舞い上がってしまうため、きれいにできなくなるためです。
掃除機は大きなごみを吸い取るだけにし、小さなホコリなどは先にワイパーで取り除くようにしておくと、より効果的な掃除ができます。
ダニ退治のための畳の掃除の仕方は、掃除機をかけるのであれば、とにかくていねいにダニや小さなごみを吸い取っていくことなのです。
その目安として、1平方メートルあたり20秒くらい時間をかけて掃除機をけ、それから畳にジュータンなども敷かないほうがいいのです。


最近お邪魔しているサイトです。

ドクターJ の健康応援室

健康食品 比較

健康食品 ランキング



posted by onakadaise at 12:50| Comment(0) | 健康管理方法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月03日

ダニが発生する原因

かびもダニのえさになるため、カビを作らないようにすることも大切です。
掃除ができていなかったり、部屋の換気も悪かったり、それから畳の上にカーペットなどを重ね敷きしていたりすると、ダニにとっては大変住み心地いい場所ができてしまい、大量発生してしまうのです。
加湿器を常に使っていて部屋の湿度が高かったり、ダニのえさになりそうな食べ物が落ちていたり、また動物を室内で飼っていたりしても、ダニが発生するする確率が高くなってしまいます。
部屋をいつもきれいにしておかないと、ダニの中でホコリや人の垢、フケなどをえさにするものが発生してしまいます。
夏にダニの住処となりやすい押入れの中の布団が、冬場使われてきれいにされないままだとすると、ダニはさらに大量に繁殖して、大量のフンや死骸を残してアレルギーの元を作ってしまうのです。
そのため、冬の布団をしまうときは、よく干してホコリを落としたり掃除機をかけてからにするべきです。


最近お邪魔しているサイトです。

ドクターJ の健康応援室

健康食品について

健康食を考える



posted by onakadaise at 13:20| Comment(0) | 健康管理方法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月02日

多汗症治療に使われるボトックスとは

ボトックスは多汗症の治療に使われますが、、FDA(米国食品医薬品局)にも承認された医薬品で、アメリカのアラガン社という製薬会社が販売しています。
今は多汗症の治療薬として使われているボトックスは、もともとは眼瞼痙攣や斜視を治すための薬でした。
ボトックスの有効成分として使われているのが、ボツリヌス菌が作る猛毒であるA型ボツリヌス菌です。
猛毒のボツリヌス菌といっても、使われるのはほんのわずかで、多汗症の治療では血液中に入れられるのではないので、心配はありません。
ボトックスが働くと、筋肉は一時的のその力をブロックされるのです。
筋肉の収縮を抑えるために、筋肉と神経のつながる部分に作用します。
多汗症の治療として使われているボトックスは、ほかにもしわの治療薬としても働いているのです。


最近お邪魔しているサイトです。

ヒアルロン酸

健康食品情報

ドクターJ の健康応援室



posted by onakadaise at 12:30| Comment(0) | 健康管理方法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月01日

メタボリックシンドローム予防のための食事

食生活の改善こそが、メタボリックシンドローム予防のまずはじめにすることです。
また食事は寝る3時間前以降に摂らないようにすると、メタボリックシンドロームのために充分予防になるのです。
寝る3時間以内の飲み食いは中性脂肪を増やし、中性脂肪を代謝する機能は食べてすぐに眠るとうまく処理されません。
そうしてうまく処理できなかったエネルギーは血液中に残ってしまい、中性脂肪を増やす元になってしまいます。
そのうえ食べてすぐ寝ると脂肪が吸収されやすくなるため、脂肪はそのまま残留し、一段とメタボリックシンドロームに近づいてしまうのです。
そしてゆっくりと時間をかけてよく噛んで食べると、それもメタボリックシンドロームの予防につながるのです。
よくかむことで満腹中枢が刺激され、少し食べただけでも満足できるうえ、インスリンが正しく分泌するよになって肝臓への負担も軽くすることができるのです。


最近お邪魔しているサイトです。

サプリメント コラーゲン

ドクターJ の健康応援室

サプリ



posted by onakadaise at 11:50| Comment(0) | 健康管理方法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする